ブログとサイトの違いを簡単に、解説します。

まずは、初歩的な知識として、ブログとサイトの違いを簡単に、解説します。

このページは、ネット初心者向けの解説ページとなっています。

解説内容をご存じの方はスルーしてください。

 

こんにちは、カメジローです。

 

最近巷でも、

一般用語と化しているかのように

頻繁に使われるようになりましたが、

ブログとサイト、という用語の

基礎知識から学び始めましょう。

 

ブログとサイト、の違いとは?

まず、

ブログとサイトを簡単に説明すると

ブログの正式名称は、

weblogを略してblog(ブログ)

と呼ばれています。

 

サイトは、

webサイト(ウェブサイト)を略してサイトと

呼ばれています。

 

どちらも

インターネット上で見ることができる

webサイトのことで、ホームページとも

言われています。

 

webサイトの中で、

日記形式のホームページを

総称してブログと呼んでいます。

 

特徴としては、

文字が中心となっていますが

写真などの画像ももちろんアップできるように

なっているブログサービスがほとんどです。

 

webサイトは、

文字だけでなく音楽や動画や写真画像など

何でもありのホームページです。

 

要するに

webサイトの一部が、ブログってことですね。

 

なので、

ブログのことを単にサイトと言ったり、

ブログサイトと言っても、どちらも間違いでは

ないのですが

こだわる人達は、

サイト(ホームページ)には、ブログを含ませず

ブログとサイト(ホームページ)、という区分けを

厳密に行っているようですね。

 

技術的な面からみると、

両者には、はっきりとした

相違点がありますね。

 

ブログの特長は

簡単に、更新することができて、

高頻度での更新によりネット上での交流や

情報発信が容易であることですね。

 

反面、

常に新しい記事がトップに来るため

貴重な情報や、

いつも見てもらいたい情報についても

どんどん流されていき、過去記事の中に

埋もれてしまいます。

 

一方、

サイト(ホームページ)の特長は

更新を頻繁にすることが目的ではなく

半永久的に残すための内容が

メインであること。

 

交流については

掲示板などを設けて行われていますが

いまでは、HP(ホームページ)の管理者が

ブログと連携させて日記を書くことで

意見交換や情報収集を

行っているようです。

 

 

HP(ホームページ)の利点は

各ページが固定化されているために

常に見てもらいたい情報をすぐに探せたり

トップに持ってきたりとかの構造上の

優位性がありますね。

 

ただし、

ブログが記事を書いて投稿するだけで

カテゴリ・日付などで自動で管理される上に

検索性も高くなったり、メールでの投稿もでき

各記事にコメントまで入れられるのに比べ

HP(ホームページ)は、

ページ内容を作成したあとで他のページから

自分でリンクを貼る必要があります。

またコメントも

基本的には掲示板のみとなりますね。

 

結論的には

blog:  簡単で便利。

鮮度がポイントの情報発信や日記に向いている。

 

webサイト: 管理がブログよりめんどくさい。

劣化させたくない情報発信や構成の重要さを

求められるものの公開に向いている。

というところでしょうか。

 

アナタが最初に取り組む必要があるのは

ブログの構築だというのが分かりましたね?

 

構築などと書くと大層なことのようですが

無料ブログサービスを使って、簡単に、

自分のブログを開設できますので

安心して下さいね。

 

さぁ、次は無料ブログを開設してみましょう。

 

 

 

『人気ブログランキング』に参加しています。
ポチッとクリック頂ければ励みになります。

応援ありがとうざいます!!


お小遣い稼ぎ(全般) ブログランキングへ    
 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ